2020-11-11

飯盛山(福島県会津若松市)

会津若松市内で進行中の現場から東へ約2.3kmの場所に、白虎隊自刃の地として知られる飯盛山(標高314m)があります。戊辰戦争における局地戦の一つとして起こった会津戦争に際し、会津藩では藩士子弟の少年たちで構成された白虎隊が参戦。このうち士中二番隊は戸ノ口原の戦いで敗走し、撤退し逃れたこの地で自刃します。

白虎隊十九士の墓には年間200万人の観光客が訪れ、山の中腹には珍しい木造の栄螺堂(さざえどう)があります。上りと下りで同じ道を通らずに抜けられるという仕組みで、国の重要文化財に指定されています。