2018-11-09

福島県 須賀川市 乙字ケ滝

福島県石川町で工事中です。近くの須賀川市を流れる阿武隈川に乙字ケ滝があります。白河藩領の頃は鮭、鱒、鮎が滝を飛び跳ね、1日千尾を超える漁猟があったそうです。文久2年(1862年)より滝の中央部を掘削し開始された舟運通船は、物流の主役でしたが明治10年ごろ陸運におされ廃業に至ったそうです。

元禄2年(1689年)4月29日「おくのほそ道」行脚の途中、折から五月雨で増水した乙字ケ滝を訪れた芭蕉は、「五月雨(さみだれ)の滝降(たきふ)りうづむ水(み)かさ哉(かな)」の句を詠み、旅を続けました。